M字ハゲになる前にプランテルで抜け毛対策

あなたはどのタイプですか

抜け毛か気になるあなたは、どのタイプですか?

 

ハゲには二つのタイプがあります。

 

ハゲのタイプ

  • 頭頂部から薄くなるタイプ    (O字ハゲ
  • こめかみ部分が後退するタイプ  (M字ハゲ

 

最近多いのが、こめかみ部分が後退するハゲが、男性型脱毛症といわれる成人男性に発症するタイプのハゲで、AGA(Androgenetic Alopecia)とも呼ばれるハゲです。

 

男性のハゲの90%以上はこの男性型脱毛症(AGA)だともいわれており、最近増加している、20〜30代でみられる若年性脱毛症と40代以降に発症するものを壮年性脱毛症があります。

 

 

M字ハゲは早めに抜け毛対策をしないと、M字はどんどん大きくなります

 

M字型のための育毛剤プランテル≪全額返金保証付き≫

M字ハゲの原因を理解してください

ハゲの原因としては、職場でのストレスや、若いサラリーマンにありがちな不規則な食事・睡眠不足なども大きく関与しているのですが、M字ハゲには、男性ホルモン遺伝が大きく影響しているのです。

 

男性ホルモンであるテストステロンは、5α-リダクターゼという酵素によって、ホルモン活性が10倍以上強いジヒドロテストステロン(DHT)というホルモンに変化します。

 

DHTは体の各部位で男性ホルモン効果を現すのですが、毛根部分の毛母細胞に結合することによって発毛が抑制されてしまうのです。

 

M字ハゲの原因

 

 

M字ハゲでは5α-リダクターゼを抑制する必要があります

5α-リダクターゼ抑制作用のある育毛剤

5α-リダクターゼ抑制作用のある育毛剤は二つあります

 

  • プロペシア     医療用医薬品
  • 育毛プランテル   医薬部外品

 

プロペシア

 

プロペシアについてはお聞きになったことが有ると思います。

 

国内でも2005年に承認された医療用医薬品で、唯一のM字ハゲに効く医薬品です。

 

確かに効果が有るようですが、チョット問題があります。

 

  1. プロペシア医薬品ですから、医者の診察を受けてからでなければ手に入りません
  2. 前立腺癌の薬として開発されたので副作用が心配です

 

プロペシアの副作用

 

5α-リダクターゼをしっかりと抑制しますので、男性ホルモンを強く抑えすぎてしまうのです。

 

米国の厚労省に相当するFDAは2013年に、プロペシア1mgに対して、

  • 性欲減退
  • 勃起不全
  • 射精不全

の副作用を注意書きに追加するように、メルク社に要請したと発表しています。

 

国内でも、プロペシアについては1〜5%の頻度で同様の副作用の危惧が記載されています

 

 

プロペシアはM字ハゲに有効ですが勃起不全などの副作用が見られます

プランテルは植物成分からなるM字ハゲの育毛剤

プランテルはヒオウギ、ビワ、牡丹などの植物エキスからなる育毛剤です。

 

プランテルの成分

 

M字ハゲの育毛剤として注目されるのは、ヒオウギです。

 

ヒオウギは東南アジアに生息する植物ですが、ヒオウギから抽出したエキスには、イソフラボンが含まれているのです。

 

イソフラボンは植物性エストロゲンといわれ、大豆などにも含まれるのですが、このイソフラボンがM型脱毛の原因である5α-リダクターゼを抑制する働きがあるのです。

 

 

プランテルの作用は穏やか

 

プランテルは医薬部外品です。

 

医薬部外品は厚労省から有効性を認められたものですが、、医薬品よりも効果が穏やかとされています。

 

しかし、植物成分ですからプロペシアのような副作用はありません。

 

 

M字ハゲの抜け毛対策は作用が穏やかで安全なプランテルが安心です

 

 

詳しく見る  >>>  M字ハゲには安全な薬用プランテル

M字ハゲになる前にプランテルで抜け毛対策をしてください